カーシェアリングの乗り捨ては可能?

カーシェアリングはマイカーの保持、レンタカーに続く自動車の活用方法として注目を集めていますが、乗り捨てできるのか気になっている方も多いようです。

毎回借りた場所に戻すよりも、乗り捨てができれば利用の幅も広がりますし、乗り捨てができるのであれば利用してみたいという人もいるかと思いますが、カーシェアリングで乗り捨てができるのか、チェックしてみました。

カーシェアリングの乗り捨てはできるの?

カーシェアリングで乗り捨てができるのかどうか、様々な業者の運営方法をチェックしてみました。

基本カーシェアリングでは乗り捨ては出来ない

結論から述べると、カーシェアリングでは乗り捨てはできません。

乗り捨てができれば便利になることはカーシェアリング側としても分かっていることでしょう。しかし、乗り捨てするためには現在の管理体制では不十分です。カーシェアリングがレンタカーよりも安価に提供されている理由として、管理が簡素な点にあります。

どの駐車場にどの車が停車されているのかが分かっているため、業者側としても「あそこの車は…」といったように、管理が行いやすいですし、車の把握も容易です。

もしもですが、乗り捨てを導入する場合、乗り捨て側の駐車場が空いているのか等も新たに整備することになりますので、導入するとなればカーシェアリングの売りである「低価格」を犠牲にしなければならないことでしょう。

一部の区間でのみ可能「Ha:mo」

一部地域・区間であれば「Ha:mo(ハーモ)」という選択肢もあります。

Ha:moはトヨタが提供するモビリティ・ネットワークで、スマートフォンから利用登録から実際の利用が可能なシステムです。

提供されている車は一人乗りの小型電気自動車である点や、提供地域が国内では東京、愛知県豊田市、沖縄のみとなっていることから、該当地域であれば乗り捨て的なカーシェアリングが行えます。

どうしても乗り捨てを利用したいときはレンタカー

限定された地域ではなく、心置きなく自分の好きな場所で乗り捨てをと考えるのであればやはりレンタカーとなります。

レンタカーであれば、先に説明したような管理体制もしっかりしていますし、駐車場単位」ではなく、「敷地」の中で車を保管することになりますので、乗り捨てにも簡単に対応が可能です

選べる車の数、広範囲に及ぶ点などを加味するのであれば、乗り捨てでと考えるのであればレンタカーが良いでしょう。

カーシェアリングの乗り捨てに関してよくあるQ&A

 

カーシェアリングの乗り捨てに関してよくある質問をまとめてみました。

以前はカーシェアリングでも乗り捨てができたけど廃止されたって噂は本当?

この噂は「事実」です。

以前、「smaco(スマコ)」と呼ばれるカーシェアリングでは乗り捨てが行われていました。

実際smacoはワンウェイ方式、つまりは乗り捨て方式を売りにしていました。手軽に利用でき、且つタクシーよりも安く利用できる点や目的地で乗り捨てができるので目的地でアルコールを楽しめるなど、従来のカーシェアリングにはない魅力を打ち出し、大きな注目を集めました。

しかし、2015年9月末日返却分をもってsmacoはサービス終了。サービスそのものはとても魅力的なものではありましたが、15分200円、距離料金無料という価格設定では採算が取れなかったのでしょう。

今後カーシェアリングで乗り捨てができるようになる可能性は?

今後カーシェアリングで乗り捨てができるようになる可能性については、「絶対に有り得ない」とは断言できませんが、採算を考えると厳しいことでしょう。

乗り捨てのニーズと採算ラインが合っていないからこそ、先に紹介したsmacoはサービス終了となってしまいました。

今後可能性があるとすればカーシェアリング業者でも大手になりますが、どのカーシェアリング業者も車の保管を「場所」ではなく「駐車場」で行っていますので、現実的に考えると、乗り捨てする場合、「空いている駐車場を探せるのか」が鍵となります。

スマートフォン、インターネット、AI等最新の技術・サービスを駆使すれば決して不可能ではないでしょう。

しかし、採算が合うのかという点、かつて一度頓挫してしまった業者があることを考えると、将来的にカーシェアリングで乗り捨てが採用される可能性は低いと言わざるを得ません。

カーシェアリング業者に乗り捨てを要望してもOK?

カーシェアリングでも乗り捨てを行ってもらいたいと業者に要望するのは問題ありません。

しかし、要望が通るかは別問題です。実際にサービスを開始するとなれば採算の問題は無視できませんが、要望が多ければカーシェアリング業者も前向きに検討してくれるかもしれませんので、どうしてもカーシェアリングで乗り捨てを希望するのであれば、要望等を出してみるのも良いでしょう。

なぜカーシェアリングは地域限定の乗り捨てなの?

先に紹介したHa:moはカーシェアリングではありますが地域が限定されています。

もっと広範囲で行ってくれれば…と思った人もいるかもしれませんが、地域が限られているからこそ行えます。

地域が限られていますので、車の保管場所の確保が用意です。

カーシェアリングの乗り捨てで一番のネックとなるのは駐車場単位で車を設置しているので、乗り捨ての場所の確保です。

上手く駐車場が空いていれば乗り捨てができますが、ではその駐車場から出ていったカーシェアリングの車はどこに停めるのかという疑問も生まれます。

しかし、特定の場所に限れば、カーシェアリングの車を「場所」で保管できます。

この方式をさらに広範囲でとなると、管理が難しくなるので、地域を絞っているのでしょう。

乗り捨てはできないけどおすすめのカーシェアリング3社

乗り捨てはできないものの、高い利便性を誇るカーシェアリング。
提供している業者も増えていますが、その中からオススメの3社をピックアップしてみました。

タイムズ

自動車業者ではなく、駐車場業者であるタイムズは、全国各地に時間貸しの駐車場を展開しているからこそ、空いている駐車場を活用してカーシェアリング事業を展開しています。
アプリから予約が完結できるなど、利便性の高さが売りですが、何よりの魅力は全国網。
乗り捨てこそできませんが、タイムズの駐車場にカーシェアリングが用意されていることから、旅行等の非日常なシチュエーションだけではなく、日常使いにも十分に対応可能。
家の近所にタイムズのカーシェアリングがあれば、車を保持する必要性も低下します。

公式サイトへ

オリックス

レンタカー事業を手掛けていたオリックスはカーシェアリングも展開しています。
オリックスのカーシェアリングもタイムズ同様、駐車場にて展開していますので、オリックスの店舗まで足を運ぶ必要なく、手軽に利用できます。

タイムズ同様、スマートフォンからの入会や利用登録が可能。
最安値は15分200円とリーズナブルな価格設定も好評です。

公式サイトへ

カレコ

三井のリパークを中心に展開しているカーシェアリング業者です。

カレコはカーシェアリングではありますが、「無人レンタカー」と呼んでも差し支えない程車種が充実している点が特徴です。

各ステーションには複数の車が停車していますので、その中から候補を選べるのですが、コンパクトカーやハイブリッドカーだけではなく、大型ミニバンやSUVをラインナップしている駐車場もありますので、移動手段としてはもちろんですが、「乗ってみたい車に乗るチャンス」もあります。

公式サイトへ

カーシェアリングの乗り捨てについてまとめ

カーシェアリングの乗り捨ては現実的には難しいかもしれませんが、それでもカーシェアリングの利便性は高いです。

上手く計画することで、乗り捨てに勝るとも劣らない運用方法、さらにはレンタカーよりも低コストでの活用も可能になりますので、保持するほどではないけど、でも車を利用するシチュエーションの時にはカーシェアリングを活用してみるのも良いのではないでしょうか。

おすすめのカーシェアリング比較ランキング」も作成しましたので、興味がある方は読んでみてくださいね。